1. 株式会社テクニスコ
  2. 株式会社テクニスコ 採用情報
  3. 社員インタビュー
  4. 開発 S. H. さん

開発 S. H. さん

開発 S. H. さんの声

朱峰

2017年4月 新卒入社
開発 S. H. さん(中国出身)
名古屋工業大学大学院卒

朱峰

どんな学生時代を過ごした?

中国の大学を卒業してから日本の大学院に入りました。日本に来てたくさんの外国人と会い、自分の考え方がガラッと変わりました。全てにおいて、それまで中国のやり方しか知らなかったのが、「あぁ、こういうやり方もあるんだ。ああいうやり方もあるんだ。」ということに気づき、視野が広がりました。
日本での大学院時代には、専攻の情報工学の研究の他に、他の留学生たちと一緒にイベントに参加したり、趣味の旅行に行ったりして過ごしました。自慢は、日本の北海道以外は全て行ったことです。富士山も登頂しました。すごく大変でしたが…。私が言うのも何ですが、富士山登頂は、一生に一度は絶対行った方がいいです!

テクニスコに入社を決めた理由は?

「世の中にないものを作りたい」という想いがあり、テクニスコが半導体センサなどの新しいものを開発しているところに魅かれて入社しました。また、中国に工場があり、グローバルに展開している企業だというのも入社を決めた一つの理由です。将来的には中国の工場を引っ張っていける人材になりたいです。

今の仕事内容は?

クロスエッジ開発部の試作グループに所属していて、お客様から発注頂いた製品を一から開発しています。図面を実物にする仕事です。試作なので、ちゃんと図面通りにできるか分からない段階から、一番良い寸法、一番良い条件、歩留まりを考えて、納期通りに納品できるよう、計画を立てます。計画が承認されたら、実際に製品を加工し、出荷するまで全て自分で行います。

仕事の厳しさ、楽しさは?

仕事の厳しさは、やはり、ミスをしてしまった時ですね。自分だけでなく、その製品に関わった他の人の努力も無駄になり、また一から作り直さないといけない。周りにも申し訳ないし、自分も悔しいし、その時はやはり辛いです。
仕事の楽しさは、自分が開発した製品を出荷する瞬間ですね。頑張ってつくった製品をお客様に出荷する時は何とも言えない嬉しい気持ちになります。また、お客様の図面通りにできない場合に、自分で考えて別のやり方を提案し、営業担当を通してお客様と交渉するのもすごく楽しいです。

朱峰
朱峰

これからの目標は?

今はまだ上司と一緒に開発をしていますが、早く一人で全てできるようになることが当面の目標です。また、あと2年間ぐらいで、技術やビジネスの考え方、交渉力をしっかり学び、中国にそれを伝えることが次の目標です。
今の蘇州工場は「身体で仕事をする」という考え方が強いので、自分で考え、「頭で仕事をする」というように仕事のイメージを変えたいです。そして、まだ蘇州工場でできる加工が日本と比べると少ないので、蘇州工場でも日本と同じように全ての加工プロセスができるようにしたいです。

テクニスコの働きやすさは?

有給をしっかり取れるのがいいと思います。上司からも「有給取って!」と言われます。あと、自己啓発支援制度が充実しているのも良いです。自分の成長のための自己啓発の学習に対して、会社が補助をしてくれるので、ありがたいです。

休日の過ごし方や健康のためにしていることは?

食べることが好きなので、おいしそうなお店を見つけたら、車で1~2時間かけてでも食べに行っています。健康のためには、週1~2回自宅で筋トレをしたり、月1回ぐらい近所の体育館でバスケットボールをしています。おいしいものをたくさん食べて、その分動くのがモットーです!

お電話でのお問い合わせはこちら